日本お助け隊

 

 

 

ホーム > 導入・利用事例 > 日本お助け隊

WebCluster(Lightプラン)導入事例

■日本お助け隊

代表理事 片町 光晴様
幹事   建部 直一様
導入パートナー 桝田 良一様
 
日本お助け隊様は各種相談に無料で応じてくれる団体組織です。 公式のホームページとは別に動画のライブラリ専用サイトとしてWebClusterを導入されました。
 
参考URL
 日本お助け隊 http://rescuetai.net/

 

●『日本お助け隊』のプロフィールを教えてください。日本お助け隊 片町様

片町 個人、法人を問わず、お困りごとやお悩みごとの相談窓口をしています。 不幸な事件やトラブルが実に多い世の中ですよね。 心の病んでいる人が多いんです。 心が病んでいるから問題になる。 でも、チョッとしたことで何とかなることも少なくないのです。

かつて、東日本大震災で、自分自身が食うに困っているレベルの人が、被災地に出かけて行ってボランティア活動に参加しようとしている人がいました。 居てもたってもおられないという気持ちは素敵ですが、自分にできることは? と冷静考えないといけないと思うのです。 自分の生活を壊したり、おろそかにして他人を支援するなんていうのはおかしいと思いませんか? 身の丈に合ったことをすることが基本だと思っています。 「身の丈」というのも難しいですけどね、笑。

ぼく達は弁護士を始めいろんな人に協力してもらって、この組織を運営していますが、相談内容に応じて適切な人に協力してもらって問題を解決できるように最大限のことをさせてもらっています。 


●2012年の発足ということのようですね?日本お助け隊 建部様

建部 はい。 それ以前は、片町が単独で喫茶店で相談にのる、というレベルでやっていました、笑。 2012年に組織化したのですが、その時から私も参画しました。 ぼくも、自分のまわりに困っている人や悩んでいる人がいましたし、片町の片町流(笑)お助け事業を間近で見て感動したんです。 前々から組織化したいという話は聞いていたのですが、間近で実例を見て本当に感動して協力することを決心しました。 暗い顔で相談に来た人が、相談が終わると明るい顔を取り戻しているんです。

片町 我々の組織は、お助け隊隊員とお節介隊員とで構成しています。 お助け隊隊員は、お困りごとに対してアドバイスします。 このアドバイスは無料です。 お節介隊員は、とにかく困っているような人がいたら「どうしたの?」とひと声かけてあげるメンバーです。 「何か困っているんなら、日本お助け隊に相談してみたらどう?」と我々を紹介してもらうだけでいいのです。 あとは、ぼく達ができるだけの対応をします。
この、「どうしたの?」と声をかける人を増やしたい。 そうすれば、きっと不幸な問題や事件が減ると思うんです。

そういう意味で、我々の活動を多くの人に知ってもらいたい。 そして、ひと声かける「お節介隊員」になってもらいたい。 ちなみに、お節介隊員になるのにお金はかかりません、笑。 そのために、桝田さんに協力してもらってホームページを用意しました。


 

●既に、オフィシャルサイトがあるようですが?

ウェブリッジ 本間様桝田 ぼくが提案しました。
ぼくは、WebClusterの無料版サイトも利用させて頂いてますが(笑)、もちろん、有料版でのサイトも構築しています。
で、手軽に作業ができて、SEO対策もきちんとできるツールとしてWebClusterはちょうど良いと思っています。

そもそも、ぼくはWebデザイナではありませんけど、そのぼくが構築して運用できるわけですから実に都合がいい。

片町さんは、2014年秋からFMコミュニティラジオに定期的に出演するようになりました(日本お助け隊ラジオ相談室/レインボータウンFM)。 その番組では出演中の内容を動画化していますので、その動画のライブラリとしてのサイトを作ることを提案したわけです。 WebClusterは、YouTubeボタンで掲載動画をサムネイル表示させたりできますし、SEO効果も期待できますしね
 

●導入効果はどうですか?

桝田 まだ公開して間もないのですが、効果はちゃんと出てきてますね。 検索した結果、徐々に上位に向かって上がってきてますから。

お助け隊の事務担当の人は、オフィシャルサイトを更新しています。 ぼくの方では、動画に関することであればWebClusterを使って更新していきます。 更新に手間暇をかけたくありませんから簡単な操作で作業を終えたい。 そういう点でもWebClusterの効果があります。

まだ確定はしてませんが、計画として、もう一つサイトを構築しようか、という話が出ています。 確定したらWebClusterを使って立ち上げようと思っています。
 

  
∞∞∞ 編集後記 ∞∞∞

2006年、京都で実際にあった事件をもとに作成された動画です(日本お助け隊ホームページより)。
http://www.rescuetai.org/#!dvd/c1x9s
事件を起こす前に、適切な人に相談してアドバイスをしてもらえば事件になることはなかったのかもしれません。 必ず『打つ手』はあるんです! あきらめないでほしいんです! そういう片町代表理事の熱く強い言葉と信念が印象的でした。 (4月 おつ記)
 
 
 
                                         このページの先頭へ