ヒロ・ヒューマン・コミュニケーションズ(hHC)

 

 

 

ホーム > 導入・利用事例 > ヒロ・ヒューマン・コミュニケーションズ

WebCluster(Lightプラン)導入事例

■ヒロ・ヒューマン・コミュニケーションズ(hHC)

和田 浩一様
 
和田様は工場の経営者です。いろいろな経験の中から「コミュニケーション」の大切さに気付き、コミュニケーションに関して得られたノウハウをセミナーやコンサルティングを通じて提供するためにホームページを開設されました。
 
ご同席
有限会社ウェブリッジ 代表取締役 本間 謙一様
 
参考URL
 ヒロ・ヒューマン・コミュニケーションズ http://hiro-h-communications.com/
 有限会社ウェブリッジ http://webridge-jp.com/index.html

 

●さっそくですが、『ヒロ・ヒューマン・コミュニケーションズ』のプロフィールを教えてください。

和田 25歳の時に父親が経営する会社を引き継ぎました。倒産の危機にも遭いましたが、再生することができて今にいたっているわけです、笑。 いろんな経験をしている中で、つくづく『コミュニケーション』って大切だと気付きました。 人間関係にせよ経営にせよ、究極は『コミュニケーション』次第だと思っています。

hHC 和田様

和田 昨年(2014年)10月に、会社の方は息子に任せて、私は『コミュニケーション』に関して、私の持っているノウハウをみなさんに提供しよう、と、セミナーやコンサルタントの事業を起こしました。 独立ですね、笑。

独立はしたものの、何から手をつけたものか・・・、と思っている時に、名刺と同じようにホームページの開設を勧められてホームページを立ち上げました。 とはいえ、自分で制作することはできないので本間さん(後述、ウェブリッジ社代表)にお願いしました。

 

●社長が独立ですか、笑。 ありがとうございます!
制作を担当された『ウェブリッジ』について教えてください。

 本間 Web制作やコンサルティング等マーケティングに関するサービスを提要しています。 本社は東京ですが、ボクの実家が札幌にあるので、札幌でも仕事ができるように札幌にもオフィスをおいてあります。


 

●WebClusterをお勧めした理由は?

本間 ブログ感覚の操作感ですね。
PCに慣れていない人でもメンテナンスができるからです。 和田さんはウェブリッジ 本間様
自分でメンテナンスしていきたいという気持ちが強いので WebCluster が
向いている
と思いました。

それと、スマホ対応ですね。
スマホで検索している人が多いので、スマホ対応ははずせません。 その点、WebClusterはスマホ用ページを自動生成してくれるのでイイと思います。

和田さんのサイトは、実は半日程度で作りました。

内容的には不十分な状態なんですが・・・。 時間をかけてヒヤリングして、戦略を立てて・・、という一般的な時間をかけていません。 時間をかけて
いないということは、お金もかけていないということですが、笑。

和田さんは、本当に独立したばかりなので、まだ経営方針だとか戦略だとか、ホームページをどう利用していくのかなどについては、まだ十分に吟味できないだろうと思いました。
まさに、名刺代わりに、ネット上に看板を掲げる、ということで制作させて頂きました。

 

●ありがとうございます。
 セミナーやコンサルティングというサービスを提供する上で、メンテナンスの頻度ってあるものですか?

和田 もちろん、ありますよ。

hHC 和田様

 『コミュニケーション』と一口に言いますが、奥が深いんです。 また、時代とともに刻々と変化していくものなんです。

 ボクのセミナーは、資料とかプロジェクターを使わないんです。 その場の雰囲気、その場にいる人に合わせながら内容を変えていきます。 いい加減でしょ? 笑。 でも、実はココが大切なんです。

 『コミュニケーション』というのは、必ず相手が存在します。 相手の状態がいつも同じだとは限りませんしね。 相手に合わせながら、また相手にも合わせてもらう。 これがコミュニケーションですよね。 だから、その場、そこにいる人に合わせたセミナを提供する、というのが理想だと思うんです。

ですので、そういう流動的な部分をタイムリーにホームページに反映していきたいのです。
 

 

 
∞∞∞ 編集後記 ∞∞∞

和田さんは、人と接することがとても好きなんだろうなぁ、という印象の方でした。 楽しくやろうよ! どうやったら楽しくなる? という接し方をなさる方です。 手を動かすヒマがあったら、人と会ってしゃべっていたい、という感じです。 その思いをホームページにも反映していって頂けるといいなと思いました。 (2月 おつ記)
 
 
 
                                         このページの先頭へ